遊漁規則
遊漁規則
遊漁者の皆さんに守って頂きたい規則
言葉の説明
  1. キャッチアンドリリース(以降C&Rという)とは釣れた魚種を弱らせず速やかに放流する事です。
  2. 日の出、日没とは、漁協関係者が見て照明器具を使用しないで河原などを安全に移動できる明るさ(照度)がある時間帯を指します。
  3. 漁協とは、塩原漁業協同組合を言い、関係者とは、漁協役員又は漁協に従事している者を言う。
1.遊漁規則
C&Rエリア
  • ルアー・フライ(テンカラ釣りを含む)・鮎友釣りで、竿釣り専用区域です。
  • ルアー・フライ釣り針は、シングルフック及びバーブレス限定です。(魚種を必要以上に傷つけないためにも、御協力をお願いします。)
  • 鮎釣りは、友釣りに限り許可します。
禁止事項
  • 意図的な引っ掛け釣り(鮎友釣りを除く)は許可していません、御遠慮してください。
  • 餌釣りに付いては、如何なる漁法でも許可していません、御遠慮してください。
  • 魚籠又は同類品の漁場への持ち込みは許可していません(鮎友釣りを除く)御遠慮してください。漁協が認める場合は、告示をして通知いたします。
  • 魚(鮎を除く全魚種)の持ち帰りは許可していません、御遠慮してください。漁協が認める場合は、告示をして通知いたします。
注意事項
  • 鮎釣りは、友釣りに限り、鮎の持ち帰りを許可します。
  • C&Rエリアでの、鮎の毛ばり釣りは許可していません、御遠慮してください。尚、魚種による鮎囮の捕食、釣り具の破損などは遊漁者の責任といたします。
魚券
  • C&R釣りは、専用のC&R日釣り券、限定です。他の魚券は使用できません。又左券でC&Rエリア以外のエリア(場所)での釣りでは使用できません。
  • 鮎釣りは全魚種期間券・鮎期間券・鮎日釣り券を御使用ください。C&R日釣り券は使用できません。
遊漁期間と時間帯
(1)C&R釣り
  • C&R遊魚を行える時間は、解禁日は朝5時から、解禁後は日の出~日没までです。(夜間釣りは禁止)
  • C&R遊魚期間は、解禁日の朝5時~禁漁日の日没までです。
  • 鮎釣り期間は、(3)項の鮎釣り期間及び時間とします。
(2)渓流釣り
  • 竿釣りに限ります。(餌釣り・ルアー・フライ・テンカラ釣り等で、釣り針の制約はありません。)
  • 15cm未満の、ヤマメ・イワナ・ニジマスは放流してください。
  • 鮎解禁日までの、鮎の持ち帰りは許可していません、放流してください。
  • 鮎解禁日までの、蚊針釣り(極小毛ばり)は許可していません、御遠慮してください。
  • 魚券は、全魚種期間券・雑魚期間券・雑魚日釣り券に限ります。C&Rエリアでは使用できません。
  • 遊魚を行える時間は、解禁日の朝5時から、解禁後は日の出から日没までです。(夜間釣り禁止)
  • 遊魚期間および遊漁場所は、解禁日の朝5時~9月19日の日没まで、C&R区域を除く全河川です。カジカについては、9月1日から9月19日の日没まで又遊魚場所も限定されています。
(3)鮎釣り
  • 漁法は、友釣り・毛鉤釣りはドブ釣りに限ります。(毛鉤釣りはドブ釣り以外の漁法は禁止です)
  • 魚券は、全魚種期間券・鮎期間券・鮎日釣り券に限ります。
  • 遊魚を行える時間は、解禁日の朝5時、解禁後は日の出から日没までです。(夜間釣り禁止)
  • 遊魚期間および遊魚場所は、解禁日の朝5時~禁漁日の日没まで、遊魚場所は箒川本流全域です。
(4)漁場(遊漁場所)
  • C&R釣りの遊漁範囲は、塩原ダム~七つ岩で、渓流エリアを除く箒川本流です。(全支流を除く)期間によって遊漁可能な場所が変わります。詳細は漁協ホームページ又はチラシで確認ください。
  • 渓流釣りの遊漁範囲は、C&Rエリア上流の箒川本流及び支流です。(C&Rエリアを除く)
  • 鮎釣りの遊漁範囲で、友釣りはC&Rエリアを含め箒川本流全域。毛鉤釣りはC&Rエリアを除く箒川本流です。
2.遊漁者への指導
  • 遊漁者の皆さんは、川遊び又は遊歩道の散策の方々に対して、釣り針など漁具での傷害に対して責任を持ってください。
  • 遊漁者の皆さんは、遊漁前に魚券を所持してください。駐車場並びに河原・川中などで魚場指導員から遊魚券の提示を求められた場合は、速やかに提示をお願いします。
  • 遊漁時(駐車場・河原・川中など)で遊魚券を所持していない場合は、現場賦課金を追徴した遊魚券の取扱を行います。御了承を御願致します。
  • 遊漁者の皆さんは、遊魚について遊漁規則の厳守をお願い致します。
  • 漁場指導員の指導に従わない場合は、魚釣りを拒否する場合があります。この場合において既に納付した遊漁料は返還しません。
  • 塩原漁業協同組合が認めた期間、場所、漁法以外での魚種採捕を禁止します。(魚種の採捕について、電流・爆薬類・毒薬類を使用した魚種採捕及び川干し、更には遊漁規則違反行為や解禁前、禁漁後等の禁漁場所・期間での魚種採捕は厳禁しています。これらを認めた場合は、速やかに警察などの機関に通報致します。)
  • ゴミのポイ捨てをしない等マナやルールの遵守をお願いします。
3.漁場指導員(漁協関係者)
漁場指導員は、帽子または腕章などの身分を示すためのものを掲示又は所持します。 更には提示を求められた場合は速やかに提示致します。
4.その他
魚券不所持、遊漁範囲違い・夜間の釣り等、遊漁規則を守らない方が存在するため漁協では指導・監視を実施しています。 遊漁者皆さんの御理解と御協力をお願いいたします。