歴史と文化のアトリエ〜資料展示室〜


明治・大正の時代を中心に、塩原には多くの文人が訪れていました。
彼らは、深く険しくそして美しい塩原の自然や渓谷と出会い、心をふるわせ、塩原を愛しました。
どうぞ、文学作品の裏側にある文人と塩原との出会いのもの語りを訪ねてみてください。

◆資料館入館料
大人300円 小中学生200円
65才以上・障がい者200円
※団体割引あり(20名様以上)
  大人270円 小・中学生180円
  65才以上・障がい者180円

塩原千二百年コーナー

もの語り年表とジオラマが語る塩原の歩み

風の人コーナー

出湯を訪れ、塩原を愛した文人墨客の足跡

土の人コーナー

塩原を愛し、癒しの文化を育てた先達たち。

もの語りシネマ

平野啓子の語りを辿る「金色夜叉ミステリー」

時代坂の回廊

暮らしの文物が語る明治・昭和のロマン