塩原温泉まちめぐり案内人の会紹介

歩いてこそわかる塩原の魅力…私たちが塩原の魅力探しのお手伝いをします!
塩原温泉まちめぐり案内人は、 塩原温泉観光マイスターに認定された人に会員登録を呼びかけ、 平成23年2月に設立をしたボランティア団体です。
塩原温泉内を始め、那須塩原市内、そして市外や茨城県・埼玉県在住の41名の会員がいます。
案内所の当番やまちめぐりツアーのガイドを交替で務め、 2ヶ月ごとの定例会で研修や情報交換をして、さらなる知識習得を目指しています。
心をこめてご案内いたします。

案内人(会員)から一言  ※平成26年4月1日現在 41名の会員が登録しています。

案内をしてみて、自分自身新しい発見がこんなに沢山あるとは思いませんでした。
お客さまにもいろいろな発見を分けてあげたい。
自宅が遠いのですが、知れば知るほど好きになった塩原を応援したいという気持ちで活動しています。
住んでいながら知らないことがたくさんありましたが、今は自信を持ってみなさんをご案内できるようになりました。

塩原温泉観光マイスターを育てる 「塩原温泉観光マイスター学院」 とは


マイスター学院講義の様子

マイスター学院講義の様子
塩原温泉観光マイスター学院は、平成18年に「塩原温泉開湯1200年記念事業」の一環として、塩原温泉を訪れるお客さまに歴史、文化、自然、温泉、遊び等を伝えることのできる人材を育成するために設立されました。
一年を通して基本講座12講座を実施し、10回以上受講した人が「塩原温泉観光マイスター」として認定され、第8期(平成25年度)までに、延べ426人がマイスターに認定されています。
平成22年度からは、身につけた知識を自分の言葉で伝えるガイド技術の習得を目的とした 「伝える人養成講座」を実施し、44人の伝える人が誕生しています。
当会では、マイスター認定者によるボランティアと、伝える人養成講座修了者によるガイドとが、 訪れる皆様とふれあい、素敵な旅の思い出づくりをお手伝いします。