塩原温泉に行こう
おすすめコンテンツ
便利な情報

吊橋・滝一覧

塩原自慢の渓谷美。吊橋と滝の名所を一覧でご紹介
あなたの旅の目的を選んで、素敵な思い出を手に入れてください。
滝・吊橋
ガストホフ夢木香

新緑紅葉
もちろん、四季を通して
様々な表情を
見せてくれます!

吊橋の一覧
もみじ谷大吊橋
−モミジダニオオツリバシ−
もみじ谷大吊橋
塩原ダムに架かる本州最大級の無補剛桁歩道吊橋。 きらきらと光る湖面の上を、新緑や紅葉、雪景色を眺めながら 空中散歩を楽しむことができます。
長 さ/320m 幅/1.5m
河川名/箒川
駐車場あり
トイレあり
車いす可
渡橋有料
回顧の吊橋
−ミカエリノツリバシ−
回顧の吊橋
高さと揺れは塩原一といえますが、深く切れ込んだ箒川の渓谷美は四季折々に表情を変え、 安らぎを感じさせてくれます。 回顧の滝観瀑台もあります。
長 さ/100m 幅/1.0m
河川名/箒川
駐車場あり
トイレあり
留春の吊橋
−リュウシュンノツリバシ−
留春の吊橋
車道から階段を一気に下ると出会う小さな吊橋。 眼下には青い淵、周囲には巨岩が並び、 温泉街を流れる箒川とはまったく別の表情を見せています。
長 さ/20m 幅/1.0m
河川名/箒川
駐車場あり
竜化の吊橋
−リュウカノツリバシ−
竜化の吊橋
この吊橋を渡り、清らかな流れに沿って歩いていくと、 「風挙の滝」や塩原随一の名瀑である「竜化の滝」に出会うことができます。
長 さ/25m 幅/1.0m
河川名/寒沢
駐車場あり
福渡不動吊橋
−フクワタフドウツリバシ−
福渡不動吊橋
箒川の流れが穏やかな表情を見せる福渡地区に架かる吊橋。 橋のたもとには「岩の湯」という風情ある露天風呂があります。
長 さ/34m 幅/1.5m
河川名/箒川
仙人岩吊橋
−センニンイワツリバシ−
仙人岩吊橋
昔、仙人が景色の良さが気に入って住みついたという仙人岩の近くにあります。 鉱物を含んだ青い水が美しく、緑豊かな山々の眺めも素晴らしいです。
長 さ/60m 幅/1.0m
河川名/鹿股川
七ツ岩吊橋
−ナナツイワツリバシ−
七ツ岩吊橋
塩原に春を告げるヤシオツツジの名所であることでも知られ、四季を通じて美しい景色が眺められます。 景勝地「七ツ岩」はこの橋の下流にあります。
長 さ/87m 幅/1.5m
河川名/箒川
駐車場あり
トイレあり
車いす可
山ゆりの吊橋
−ヤマユリノツリバシ−
山ゆりの吊橋
尾崎紅葉の「金色夜叉」の舞台となった畑下地区にある吊橋。箒川が大きく蛇行しゆるやかに流れます。 皇居に架けられていた吊橋をモチーフにしています。
長 さ/54m 幅/1.5m
河川名/箒川
紅の吊橋
−クレナイノツリバシ−
紅の吊橋
川沿いのモミジが、赤く燃え上がるように染まることからこの名がつけられました。 街の中心部にありながらこれほどの景観が味わえるのも塩原ならでは。
長 さ/52.5m 幅/1.5m
河川名/箒川
駐車場あり
トイレあり
車いす可
元湯吊橋
−モトユツリバシ−
元湯吊橋
赤川渓谷線歩道に架かる吊橋で、山深いため訪れる人も少なく、神秘的な空気が漂います。 新緑や紅葉の時期が特におすすめの吊橋です。
長 さ/60m 幅/1.0m
河川名/赤川
咆哮霹靂の吊橋
−ホウコウヘキレキノツリバシ−
咆哮霹靂の吊橋
八方ヶ原船歩道にある吊橋で、桜沢とスッカン沢が合流する場所に架かっています。「咆哮霹靂の滝」がすぐそばにあります。
長 さ/27.4m 幅/1.0m
河川名/鹿股川
雷霆の吊橋
−ライテイノツリバシ−
雷霆の吊橋
八方ヶ原線歩道にある吊橋で、この橋の少し上流に、一枚岩を滑り落ちる「雷霆の滝」がごうごうと音を立てて流れています。
長 さ/15.8m 幅/1.0m
河川名/桜沢
滝の一覧
七絃の滝
−シチゲンノタキ−
七絃の滝
ホテルの下から流れているように見えますが、天然の滝で四季折々の表情が美しいです。
仙髯の滝
−センゼンノタキ−
仙髯の滝
がま石トンネルの旧道に静かに流れ落ちる滝です。仙人の頬ひげという意味の名前です。
連珠の滝
−レンジュノタキ−
連珠の滝
水量は多くはありませんが、いつも涼しい空気がたちこめて、ドライブ途中の小休止にもよい場所です。
猿臂の滝
−エンビノタキ−
猿臂の滝
弘法大師の伝説が語り継がれる猿岩という大岩の脇に流れ落ちます。運転しながら目にできるのは一瞬。
要害の滝
−ヨウガイノタキ−
要害の滝
その昔、塩原領主が城を構えていた要害という場所から流れ落ちています。積み重なった地層が美しい滝です。
回顧の滝
−ミカエリノタキ−
回顧の滝
ついつい振り返ってしまう渓谷美から「みかえり」と名がついています。落差53mで四季折々に訪れたい場所です。
竜化の滝
−リュウカノタキ−
竜化の滝
塩原随一の名瀑として知られ、三段に流れ落ちる様子が、白竜が天に昇っていく姿に見えることから名づけられました。
布滝
−ヌノタキ−
布滝
箒川本流を流れ落ちる滝で、落差は小さいものの豪快に水しぶきを上げています。道路や遊歩道から見下ろすことができます。
風拳の滝
−フウキョノタキ−
風拳の滝
竜化の滝へ向かう遊歩道の途中にあります。大きくないものの、近くで見ることができる滝として人気です。
抛雪の滝
−ホウセツノタキ−
抛雪の滝
竜化の滝・風挙の滝の下流にありますが、国道400号の寒棲橋(かんせいばし)から見ることになります。
留春の滝
−リュウシュンノタキ−
留春の滝
渓谷歩道回顧コースに含まれ、深い谷底に架かる留春の吊橋を渡ると、ひっそりと流れ落ちています。
雷霆の滝
−ライテイノタキ−
雷霆の滝
八方ヶ原線歩道沿いで、学校平駐車場から坂を1時間歩きます。幅の広い一枚岩を滑り落ちるような流れです。
咆哮霹靂の滝
−ホウコウヘキレキノタキ−
咆哮霹靂の滝
八方ヶ原線歩道沿いにあります。野獣の叫びを意味する咆哮や、雷や落雷を意味する霹靂、豪快さが伝わります。
仁三郎の滝
−ニサブロウノタキ−
仁三郎の滝
鹿股川の支流であるスッカン沢の滝です。鉱物を含んだ水が流れているため、滝つぼが独特の青色をしています。
雄飛の滝
−ユウヒノタキ−
雄飛の滝
切り立った岩の隙間から噴き出すように水が流れ落ち、神秘的な周辺の光景の中に、滝音が響き渡ります。